うしろのこの本ください

なんでもかきます

lernaコマンドの標準出力が微妙な時はstreamオプションをつける

TL;DR タイトル

lernaはモノレポ管理下にあるpackage.jsonのコマンドを同時に実行することができる。

lerna run --scope s-* lint

とするとpackage.jsonのnameがs-で始まるすべてのワークスペースnpm run lintが実行される。(s-はオレオレパッケージのプレフィックスです)

f:id:apple19940820:20200120131838p:plain

モノレポではワークスペースでlintの設定を統一したり、ビルドのコマンドを統一したりするのでlernaのコマンド実行は便利。

しかし問題もなくはない。

標準出力がしょぼい

一部コマンドではルートのpackage.jsonにlernaコマンドを書いて実行すると、Warningになっていても標準出力に出ずsuccess!とだけ表示される。鬱なのでなんとかしたい。

lernaからの実行では一見パーフェクトに見えるが f:id:apple19940820:20200120125453p:plain

ワークスペースに潜ってyarn generateするとバンドルサイズ周りでwebpackが警告出していたという罠 f:id:apple19940820:20200120125604p:plain

--stream オプションをつけて子の標準出力をlernaに送る

runコマンドはオプションで--streamをつけると子プロセスの出力をストリーミングすることができる。各ワークスペースのコマンド実行ログがそのまま流れるため、lernaからの実行時でも重要な標準出力を見逃すことがない。

出力がごちゃ混ぜになってやばいみたいなこともない。

f:id:apple19940820:20200120130206p:plain

他にも並列実行のオプションや実行時のパフォーマンスを測定するオプションもある。需要に応じて使ってみると良いかもしれない。