うしろのこの本ください

なんでもかきます

初学者に向けたチュートリアル集みたいな記事書いた

書いた。

 

職場でも新しい何かに触れる時、どうやって勉強したらいいか分からなくなることが多くて困る。

 

何より講師にあたる人間がいないからこの勉強方法でいいのか、この実装でいいのか、ひいてはこのディレクトリ構造でいいのか?みたいなとこまで悩む羽目になる。

 

今まさに職場では Spring Boot での開発をし始めていて、講師がいない問題に直面している。

 

そもそも工期をとった案件内でしか働けない人間たちが自己学習までするのはどうなんだという話もあるけど。

 

やっぱり暗闇の中で手に当たるもの片っ端から引っ張ってる感が否めない。講師が欲しい。せめて、自分がやっていることに正しいという保険が欲しい。

 

というわけでこれやっとけばいいんじゃない?っていう例を集めた記事を書いた。

 

qiita.com

 

何か他の言語と比較出来る、成果物がはっきりしていてそれを終えた時何が出来るようになるかが明白、それでいて一般に浸透していてドキュメントに困らないとなると結構絞られてくる。

 

結局どうすればよかったのか答えは出てないけど、指針的な何かになれば良いかなという思いで書いた。

 

これ書いてたせいでやる予定だったVue CLI UI全く触れてないのは悲しい。

 

すぐ顔面が疲れちゃうからね、仕方ないね。

 

おわり